スポンサードリンク

金婚式にちなんだ漬物、金婚漬とは

金婚式は結婚50年目のご夫婦の結婚祝いのことですが、

金婚式を迎えるご夫婦にはちょうど良い「金婚漬」という

お漬物をご紹介します。

古くなるほど味がよくなるという事から、

金婚式を迎えたご夫婦のようだという意味で

その名がつけられたのが「金婚漬」。

金婚漬」は歴史も古く、

江戸時代の終わり頃から岩手県で最も親しまれている漬物です。

金婚漬」はあめ色をしたウリの中に、

ニンジンやコンブ巻きがぎゅっと詰まっていて、

輪切りにすると渋めの色合いの中にニンジンが

鮮やかに現れた見た目も良い漬物です。

この「金婚漬」を製造直売しているお食事処が、

岩手県花巻市にある和食レストラン「金婚亭」。

金婚亭」の総業は昭和37年で、

当初は他から仕入れた金婚漬を販売していたのですが、

お客様から塩辛いという意見が多かったことから、

生産から加工までを自社で行うようになり、

改良に改良を重ねて、

現在のオリジナルな健康漬物の味に至ったそうです。

結婚50年目の金婚式のお祝いには、

岩手県花巻市の金婚亭で食事などいただき、

お土産やプレゼントとして金婚漬を持ち帰るもの、

一生の記念になる金婚式のお祝いになりますね。


青森屋







金婚式にちなんだ漬物、金婚漬の作り方

金婚式(きんこんしき)とは、金婚式の意味








金婚式のお祝いのプレゼントを探したいのトップへ
posted by える@金婚式 at 22:28 | 金婚式にちなんだ金婚漬